作品紹介

第四弾オーディオドラマ

cherishedmemory ~失われた記憶の鍵~

脚本・監督 芹沢 結海子

白い猫に導かれて、迷い込んだ路地の先は
            ──昔夢見たおとぎ話の世界でした

親の離婚で子供の頃に離れ離れに育った陽菜と月穂の双子の姉妹。
性格は真逆だが仲のいい二人は、実際のおとぎ話を使って自分たちの空想のストーリーを作ることが好きだった。

親に秘密で月いちで会っていた二人は、懐かしさから子供の頃共に過ごした町を訪れる。
幸せだった頃の家は今はもうなく、空き地になっていた。

時の流れの残酷さに俯く二人の視界に、一匹の猫がうつる。
スレンダーな肢体は真っ白な毛で覆われ、ブルーの瞳がキラキラと美しい猫に魅入られた二人は、猫の後を追って細い路地に迷い込む。

路地を抜けた先に広がっていのは、かつて自分たちが空想し遊んだおとぎ話の世界だった…

作品ページヘ
第三弾オーディオドラマ

ブルームズベリー探偵奇譚

脚本 佐々木 圭嗣 / 演出 芹沢 結海子

『動乱の大正を舞台に、和製シャーロック・ホームズVS天才俳優の知能戦が幕を開ける! 騙し合いの応酬に、あなたの聴覚はついてこれるか?! 新感覚・探偵オーディオドラマ!!』

時は大正、動乱の時代。日本国では、言論の自由や差別の撤廃を求める運動が起こり、俄かに近代国家としての歩みを進め始めていた。

華やぐ東京の中心部一歩隘路へ踏み込むと、おや、時代に取り残されたようなみすぼらしい兎小屋がある。
ここに住むのは当世一代の奇人と名高い、朝倉正臣(あさくら・まさおみ)と、その相棒、山吹清一(やまぶき・せいいち)。

“和製シャーロック・ホームズ”と名高い朝倉と、元新聞記者の山吹は、方々から持ち込まれる東京の怪奇に立ち向かう。

“和製”シャーロック・ホームズ、ここに開幕。

作品ページヘ
第二弾オーディオドラマ

夏影‐忘夏草~ワスレナグサ~

2015年9月23日 リリース
脚本・監督 芹沢 結海子

『それは幼いころから抱き続けた、『冒険』の約束』

大学の演劇サークルの所属する暁生は仲間とともに避暑地を訪れていた。
親友・恋人・仲間と過ごす楽しいはずの夏合宿で、彼と親友・優助の人生を大きく変える出来事がおこる。

2014年11月、クリエイティヴ集団【KTAY】旗揚げ公演にて初演上演された『忘夏草~ワスレナグサ~』を主人公・優助の親友、暁生目線で描くスピンオフ作品。

作品ページヘ
第一弾オーディオドラマ

WOLFGANG

2015年6月21日 リリース
脚本・監督 佐々木 圭嗣

『殺戮兵器に、音楽は奏でられるのか―――』

人間が死に絶え、荒涼とした1000年後の地球。
地上では、人間は遺した負の遺産である戦闘兵器たちが目的のない戦いを繰り広げていた。

S級戦術AI・ヴォルフはオペレーション中に謎の信号を受信する。それは、音楽だった。
兵器の本分を忘れ、音楽に憑りつかれた機械たち。

彼らを待ち受けるのは、繁栄か、破滅か。
『反戦』をテーマにしたSF×音楽のオーディオドラマ。

作品ページヘ